ホーム > 住まい > 街から田舎へ

街から田舎へ

以前は街に住んでいて騒音がひどかったのですが、引っ越した先が田舎だったため、静かで暮らしやすいことが、引越しをして良かったと感じることです。昼はそれなりに車も通るのですが、夜は車がほとんど通らないため、非常に静かです。また、街のように店がいっぱいある、ということはなく、コンビニしかないので、子供たちがたまらないですむというのも利点です。田舎ということで、周りに住む人たちとの交流が盛んなため、引越し当時は仲良くなれるか不安でしたが、杞憂に終わりました。 引越し和歌山